相続権が侵害されたとき

 <争いのない円満な相続のために>
仙台の相続遺言
  建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳
 
契約書作成   成年後見   クーリングオフ    車庫証明    自動車登録

 トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集  
サイトマップ仙台の相続遺言
   
   15.相続権が侵害されたとき

(1)「相続回復請求権」とは

 本当は相続人ではない者が、相続人のふりをして相続財産を占有している場合に、
相続人である者は当然にその財産を返還するよう請求する権利があります。
 
 当たり前の話なのですが、この権利が相続回復請求権です。


(2)「相続回復請求権」を行使できる範囲

 この相続回復請求権は、相続人ではないのに相続財産を占有する者に対して行使
できるのは当然です。

 問題なのは、これが相続人間で相続をめぐる争いがあるときに行使できるか否か
です。
 この点については否定説もあります。しかし、たとえ相手が共同相続人であって
も、その者が自己の持分を越えて相続財産を占有しており、そのために他の相続人
の相続持分が侵害されている場合には、相続回復請求権を行使できるとすべきでし
ょう。最高裁もそのように判断しています。


(3)「相続回復請求権」行使期間の制限

 相続回復請求権は、相続権が侵害されていることを相続人が知った時から5年で
時効消滅してしまいます。なお、この「知った時」とは、相続開始の事実を知った
だけではなく、自分が相続人でありながら相続から排除されていることを知った時
であるとされています。

 また、相続権が侵害されていることを知っていたか否かにかかわらず、相続開始
から20年が経てば、やはり相続回復請求権は行使できなくなってしまいます。


(4)相続権を侵害する贈与がなされた場合

 被相続人が生前に、相続人の相続権を侵害するような贈与をしていた場合でも、
原則としてその贈与は有効です。

 もっとも、兄弟姉妹以外の相続人には最低限保証しなければならない遺留分があ
ります。したがって、被相続人のなした贈与が相続人の遺留分を侵害する場合には、
その相続人は侵害された遺留分の額を返すよう、贈与を受けた者に請求することが
できます。これが、遺留分減殺請求権です。

 なお、遺留分を算定するための基礎となる財産には、遺贈された財産のほか、
相続開始前1年以内になされた生前贈与及び、相続開始から1年以上前になさ
れた生前贈与でも、遺留分権利者を害することを知ってなされたものが算入さ
れます。

 遺留分減殺請求権は、相続の開始及び減殺すべき贈与・遺贈があったことを
知った時から1年間行わないと、時効消滅してしまいます。知った時から一年
以内に、上に述べた「減殺請求します」との意思表示をしておきましょう。

 また、相続開始から10年が経過したときも、減殺請求はできなくなります。

 
                                         このページの先頭へ戻る
                      相続安心マニュアルへ戻る


建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳
契約書作成  成年後見   クーリングオフ    車庫証明   自動車登録
トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集   サイトマップ

仙台の相続遺言
仙台市・宮城県の相続をサポート!
 宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
 п@022−251−3106      Fax 022−765−9326
 仙台の相続遺言
相続の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町