遺留分とは

<争いのない円満な相続のために>
仙台の相続遺言
 相続 遺言  建設業許可 株式会社設立 NPO法人設立 内容証明 会計記帳
 
契約書作成  成年後見  クーリングオフ   車庫証明    自動車登録

 トップページ 業務内容  行政書士の仕事 事務所概要  リンク集  
サイトマップ
仙台の相続遺言
  
   8−1.相続と遺留分−遺留分とは

(1)遺留分とは

 遺留分とは、相続財産について相続人が受け取ることを保証されている一
定の割合のことです。その割合は、直系尊属(父母・祖父母など)だけが相
続人の場合は相続財産の1/3、それ以外の場合は1/2と定められていま
す。兄弟姉妹については、遺留分はありません。

 これら、遺留分を有する相続人が実際に取得した相続財産が遺留分に満た
ない場合が、遺留分の侵害された状態です。たとえば、子どもや配偶者のよ
うな兄弟姉妹以外の相続人がいるにもかかわらず、被相続人が財産をすべて
愛人に遺贈した場合がこれにあたります。

 この場合には、遺留分を侵害された相続人は、自己の遺留分の範囲におい
て、遺贈・生前贈与を受けた者に対して、それらの財産の返還を請求するこ
とができます。これが、遺留分減殺請求です。

 なお、遺言による遺産分割方法の指定や遺贈が遺留分を侵害する場合にも、
それが当然に無効になるわけではなく、遺留分を侵害された相続人が「私の
相続分を返せ」という遺留分減殺請求をしなければ、遺言の通りになります。


(2)遺留分の放棄

 相続開始後(つまり、被相続人の死亡後)に遺留分を放棄することは、まっ
たく問題ありません。

 それとは反対に、相続開始前に遺留分を放棄するためには、家庭裁判所の許
可を受けなければなりません。
 たとえば、特別の事情があって、一部の相続人にだけ相続をさせて、他の相
続人に遺留分減殺請求をさせたくないような場合があります。そうした場合の
手段として、家庭裁判所の許可を受けて被相続人の生前に相続人が遺留分を放
棄することが例外的に認められています。

 この場合、遺留分を有する相続人は、戸籍謄本を添えて家庭裁判所に遺留分
放棄の申立をします。
 すると、家庭裁判所は遺留分を放棄した者に通知をして呼び出し、遺留分の
放棄が相続人の真意によるものかを聞き、合理性や必要性があるか等の事情を
も審理して、遺留分放棄を許可するか否かを判断します。


                                         このページの先頭へ戻る
                      相続安心マニュアルへ戻る


相続 遺言 株式会社設立 NPO法人設立  内容証明  建設業許可  会計記帳
契約書作成 成年後見   クーリングオフ    車庫証明   自動車登録
トップページ 業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集    サイトマップ

仙台の相続遺言
仙台市・宮城県の相続をサポート!
  宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
  п@022−251−3106      Fax 022−765−9326
 仙台の相続遺言
相続の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町