遺言書作成時の注意事項

<遺言書を作成し円満な相続を実現するために>仙台の相続遺言
相続 遺言 株式会社設立 NPO法人設立  内容証明 建設業許可 会計記帳
契約書作成   成年後見    クーリングオフ   車庫証明  自動車登録

トップページ  業務内容    行政書士の仕事 事務所概要 リンク集  サイトマップ仙台の相続遺言
  
 
 5.遺言書作成の際の注意事項


 (1)遺言能力

 遺言は被相続人の自由な最終意思を確保するための制度です。したがって、
遺言者が意思能力を欠く場合には、その遺言は無効となります。
 また、あまり問題になることはないのですが、遺言をするには満15歳以
上であることが必要です。逆に言えば、未成年であっても、15歳以上であ
れば、遺言ができるのです。


 (2)遺言の方式違背による無効

 遺言は、民法の定める方式に従わなければすることができません。このこと
は、民法960条が、「遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、する
ことができない」とはっきりと書いている通りです。

 ですので、この方式に反する遺言は原則として無効となってしまいます。特
に、自筆証書遺言による場合には、一人でも作成できるだけに、法律に定めら
れたルールに反しないよう、注意しましょう。

 加えて、遺言は2人以上の人が共同ですることもできません。夫婦2人で一
つの遺言状を作っても、2人分とも無効になってしまいますので、これは絶対
してはなりません。民法は、個人個人がそれぞれ別々に遺言書を作成すること
を要求しているのです。


 (3)遺言書作成の準備は周到に

 遺言書は、準備を周到に行ってから作成すべきです。
 具体的には、どの遺産を誰に分けるのかを指定する通常の遺言の場合には、
どれだけ遺産があるのか、及びそれを分ける相手がどれだけいるのかが、事前
に把握されていなければなりません。

 ですので、まず第一には遺産にもれがないように財産目録を作成することが
必要です。第二には、遺産を分けるべき相手、つまり相続人及び受贈者のリス
トを作成しておく必要があります。

 これはとても重要です。うっかり遺言書に書き忘れた遺産があると、遺言者
の死後にその財産をめぐって混乱が起きる可能性がありますので、しっかりと
リストを作り、財産目録にしておきましょう。
 また、(最初から遺産をあげないつもりであればいいのですが)遺言書の中
でうっかり書き落としてしまった相続人がいると、その相続人から恨まれるこ
とになります。

 このようにして、事前に財産目録と相続人・受贈者リストを作成しておき、
これを対照させて、どの財産を誰に分配するのかをあらかじめ十分に考えてお
けば、遺言書の作成がスムーズに行えることになります。


                                        このページの先頭へ戻る
                                遺言安心マニュアルの目次へ戻る


相続 遺言 建設業許可 株式会社設立  NPO法人設立 内容証明  会計記帳
契約書作成  成年後見   クーリングオフ   車庫証明    自動車登録
トップページ  業務内容  行政書士の仕事 事務所概要   リンク集   
サイトマップ
仙台の相続遺言
仙台市・宮城県の遺言をサポート!
 宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
  п@022−251−3106      Fax 022−765−9326
 仙台の相続遺言
遺言の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町