遺言を取り消す方法

 <遺言書を作成し円満な相続を実現するために>

仙台の相続遺言
相続 遺言 株式会社設立 NPO法人設立  内容証明 建設業許可 会計記帳
契約書作成   成年後見    クーリングオフ   車庫証明  自動車登録

トップページ  業務内容    行政書士の仕事 事務所概要 リンク集  サイトマップ仙台の相続遺言

 
 8.遺言を取り消す方法


 (1)遺言を取り消す(撤回する)ということ

 遺言は被相続人の自由な最終意思を確保するための制度です。しかも、相続
財産を渡す相手方との間に契約があるわけでもありません。

 したがって、遺言者はいつでも自由に遺言を撤回できます。たとえば、自分
の財産を誰かに贈与する遺言書をいったん作成した場合でも、後に気が変われ
ば、その遺言を撤回してかまいません。

 この「遺言はいつでも撤回できる」という原則は徹底されており、遺言者は
この遺言を撤回する権利を放棄することができないことになっています。
 したがって、たとえ遺言書に「この遺言は決して撤回しない」と書いたとし
ても、この遺言を撤回することができます。


 
(2)遺言を取り消す(撤回する)方法

  そして、遺言を撤回する方法には、以下の3つがあります。

 @いったん遺言書を作成した後に、遺言者がその遺言内容と相矛盾する遺言
書を作成する。
 遺言書には日付を記載しなければなりません。そして、2つ以上の遺言書が
存在し、その間に矛盾する点が存在する場合には、その矛盾する点については、
新しい方の遺言書が有効となり、古い方の遺言書の内容を撤回したことになり
ます。

 A遺言者が遺言書を破棄する。または、遺贈の場合には、その目的物を破棄
する。
  これは民法1024条に「遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、その
破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなす。遺言者が故意に遺贈
の目的物を破棄したときも、同様とする。」との規定が置かれています。
 これらの行為に、遺言を撤回する意思が表れているということでしょう。

 B遺言内容と矛盾する処分をする。
 これは、たとえば遺言書で誰かに物を贈与するとしたとしても、遺言の後に
その物を他の人に譲渡する等の処分をしてしまえば、事実上遺言の内容は実行
できなくなってしまうので、遺言を撤回したことになるということです。

                                        このページの先頭へ戻る
                                遺言安心マニュアルの目次へ戻る
  

相続 遺言 建設業許可 株式会社設立  NPO法人設立 内容証明  会計記帳
契約書作成  成年後見   クーリングオフ    車庫証明   自動車登録
トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集   
サイトマップ
仙台の相続遺言
仙台市・宮城県の遺言をサポート!
 宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
 п@022−251−3106      Fax 022−765−9326
 仙台の相続遺言
遺言の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町