遺産分割の注意事項

<争いのない円満な相続のために>仙台の相続遺言
  建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳
 
契約書作成   成年後見   クーリングオフ    車庫証明    自動車登録

 トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集  
サイトマップ仙台の相続遺言
     
  6.遺産分割の際の注意事項

 遺産分割の際、未成年の相続人がいる場合には、その未成年者に代わる代理
人が遺産分割協議に参加することになります。さらに、未成年者が相続人で、
その親権者も相続人である場合や、複数の未成年者がいる場合には、家庭裁判
所に請求して未成年者の特別代理人を選任してもらい、その特別代理人が分割
協議に参加しなければなりません。

 また、相続人の中に行方不明の者がいる場合は、家庭裁判所に請求してその
人ための財産管理人を選任してもらうことになります。

 前述した通り、遺産分割協議は相続人全員の合意がなければ成立しません。
もし一部の相続人が参加せずに遺産分割協議がなされてしまうと、それは無効
となってしまいます。
 ですので、遺産分割後に新たに相続人が現れた場合には、遺産分割協議をし
直さなければならないのが、原則です。

 もっとも、遺産分割協議にしたがって取得した不動産を相続人が売却し、移
転登記まで済ませていたような場合に、これを無効としてしまうと、それを買
った者の利益を損ねてしまいます。
 したがって、このような場合には、新たに現れた相続人には、不動産等の価
額を配分することになります。

 遺産分割の期限は特に定められていません。しかし、相続税の納入との関係
で、相続税の申告との関係で、遺産分割は相続税申告の期限(被相続人が死亡
したことを知った日の翌日から10か月以内)に行ったほうがいいでしょう。

 そして、相続人全員が合意して遺産分割協議が成立した場合には、それを相
続人は一方的に解除することはできません。ただし、相続人全員が合意して、
あらためて遺産分割協議をすることはできます。

 なお、遺産分割協議書は不動産の相続移転登記をする際には必ず作成しなけ
ればなりませんが、それ以外の場合には必ずしも作成しなければならないもの
ではありません。ただし、作成しておいた方が、銀行からの預金引き出しもス
ムーズにいきますし、紛争を予防する上で有益です。


                         
このページの先頭へ戻る
                                    相続安心マニュアルへ戻る


建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳
契約書作成  成年後見   クーリングオフ    車庫証明   自動車登録
トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集   サイトマップ

仙台の相続遺言
仙台市・宮城県の相続をサポート!
 宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
 п@022−251−3106      Fax 022−765−9326
 仙台の相続遺言
相続の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町