遺産分割の実行の仕方

<争いのない円満な相続のために>
仙台の相続遺言
  建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳
 
契約書作成   成年後見   クーリングオフ    車庫証明    自動車登録

 トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集  
サイトマップ
仙台の相続遺言
   
  2.遺産分割の実行の仕方

 遺産分割の基準について、民法は「遺産に属する物又は権利の種類及び
性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事
情を考慮してする」と定めています。
 遺言書が存在せず、かつ複数の相続人がいる場合には、この基準に基づ
き、相続財産をどのように分け合うのかを、相続人が全員参加した遺産分
割協議によって決めなければなりません。
 法定相続人全員が署名・実印を押印した遺産分割協議書がないと、不動
産の名義変更(相続登記)を行うことはできません。

 このときに基準となるのは、民法の定める法定相続分ですが、必ずしも
法定相続分の割合にしたがって遺産を分割する必要はありません。遺産を
どのように分割するかは、相続人の自由に委ねられています。

 ですので、相続人全員が合意しさえすれば、原則として遺産をどのよう
に分割してもかまいません。当事務所で過去に作成した遺産分割協議書で
も、一人の相続人の方の相続分を、ご本人の希望によりゼロとしたことが
ありました(相続放棄できる期間を過ぎていました)。

 そして、遺産分割の実行の仕方には、

@遺言がある場合に、それにしたがった指定分割(民法908条)
A
共同相続人の協議による、協議分割(9071項)

B協議がととのわない場合に、相続人が家庭裁判所に申立をすることによ
 って行われる調停分割(家事審判法)

C調停成立の見込みがない時に家庭裁判所が行う、審判分割(9072項)
  の4つがあります。

 これらの手順によって分割が決定された場合に、その後の相続手続きを
行うためには、財産目録の作成や遺産分割協議書の作成が必要です。


                        
このページの先頭へ戻る
                                    相続安心マニュアルへ戻る


建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳
契約書作成  成年後見   クーリングオフ    車庫証明   自動車登録
トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集   サイトマップ

仙台の相続遺言
仙台市・宮城県の相続をサポート!
 宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
 п@022−251−3106      Fax 022−765−9326
 仙台の相続遺言
相続の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町