相続争いの予防方法

<争いのない円満な相続のために>仙台の相続遺言
 相続 遺言  建設業許可 株式会社設立 NPO法人設立 内容証明 会計記帳
 
契約書作成  成年後見  クーリングオフ   車庫証明    自動車登録

 トップページ 業務内容  行政書士の仕事 事務所概要  リンク集  
サイトマップ
仙台の相続遺言
    
 18−2.相続争いを防ぐ−相続争いの予防方法


(1)推定相続人の間に円満な関係を築く

 相続争いを防止するために現実に最も重要なのは、これから相続人にな
るであろう推定相続人の間が、円満な関係にあることです。

 相続開始時において、すでに相続人相互に不信感等がある場合には、相
続財産の分割をめぐって疑心暗鬼となってしまうことが多いでしょう。


(2)被相続人と推定相続人とのコミュニケーション
 
 次に、被相続人が自分の財産状況や自分の死後にそれをどのように分配
・処分してほしいのか等について、生前に推定相続人に話しておくことが
必要でしょう。
 いわば、どのように自分の財産を相続してもらうのかについて、相続人
となる人たちの間で情報を共有してもらい、ある程度の合意を形成してお
くということです。


(3)遺言書を作成しておく

 その上で、相続争いを予防するために有効な方法は、被相続人が自己の
死亡後に財産などをどのように処分したいかということを予め文章にして
遺言書として残しておくことです。
 これによって、ほぼ相続争いは防げると考えます。

 当事務所が遺言書の作成をお勧めする第一の理由は、そもそも自己の形
成した財産をどのように処分するかは、他の人の意思ではなく、被相続人
たる故人の意思に委ねられるだからです。

 そして、自らの残した財産をどのように分けたいのかという、財産(遺
産)の持ち主の希望を実現するには、遺言書を残すしかありません。生前
に口頭でそうした希望を誰かに伝えていたとしても、残念ながらそれは何
らの拘束力を有するものではないからです。

 そうであれば、自己の財産等をどのように配分・処分するかについて、
自己の意志の現れである遺言を遺し、これにしたがった財産処分をしても
らうことが、本来の遺産相続のあり方と言うことができます。

 また、遺言書によって被相続人の意志を明確にしておくことは、現実的
な問題として、相続をめぐる争いを予防することにもつながります。
 相続をめぐる争いを防止し家族の円満を保つためにできる最良の手段が
遺言書の作成なのです。


                                      このページの先頭へ戻る
                    相続安心マニュアルへ戻る


相続 遺言 株式会社設立 NPO法人設立  内容証明  建設業許可  会計記帳
契約書作成 成年後見   クーリングオフ    車庫証明   自動車登録
トップページ 業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集    サイトマップ

仙台の相続遺言
仙台市・宮城県の相続をサポート!
 宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
 п@022−251−3106      Fax 022−765−9326
 
仙台の相続遺言
相続の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町