遺言執行について

 <争いのない円満な相続のために>仙台の相続遺言
相続 遺言 株式会社設立 NPO法人設立  内容証明 建設業許可 会計記帳
契約書作成   成年後見    クーリングオフ   車庫証明  自動車登録

トップページ  業務内容    行政書士の仕事 事務所概要 リンク集  サイトマップ
仙台の相続遺言
 
 11.遺言の執行

(1)遺言執行の準備について
  
 遺言者の死後に遺言書が見つかったとき、または遺言書を誰かが保管し
ていたときは、公正証書遺言の場合を除き、家庭裁判所にそれを提出して
検認を受けることが必要です。

 検認とは、遺言書の偽造・変造を防ぐために、遺言書の形式などを調査・
確認するものであり、遺言を執行する前に必ず行わなければなりません。

 検認は、遺言者の戸(除)籍謄本や相続人全員の戸籍謄本などの書類を
遺言書に添付して、遺言書発見後すみやかに家庭裁判所に申し立てます。
 検認手続きを怠ると、科料に処せられます(ただし、これに違反した場
合でも、遺言自体が無効になるわけではありません)。

 検認を申し立てると、家庭裁判所から検認の通知がなされますので、そ
の通知で指定された日に、遺言書を保管している者が、遺言書を持参して
家庭裁判所に行きます。そして、相続人または代理人が立ち会って遺言書
を確認し、家庭裁判所は検認調書を作成します。

 遺言書が封印されている場合には、家庭裁判所において、相続人または
その代理人の立会いのもとでなければ開封できません。


(2)遺言の執行・遺言執行者について

 家庭裁判所における開封・検認の手続きを経た上で、遺言書に書かれた
内容を実現するのが、遺言の執行です。

 そして、この遺言執行の手続きを行う人が、遺言執行者です。(相続人
間で利害が対立することも多いので、相続人が遺言執行者になることはあ
まり適切ではない場合も多いのですが)原則として遺言執行者には誰がな
ってもよいとされています。

 遺言で遺言執行者が指定されている場合には、原則としてその人がなり
ます。遺言で、遺言執行者の指定を他の者に委託することもできます。

 ただし、遺言執行者は遺言で指定されただけでそのまま決定されるので
はなく、相続開始後(被相続人の死亡後)に遺言執行者を引き受けること
(就職といいます)を承諾して、はじめて遺言執行者になります。
 遺言で遺言執行者に指定された場合であっても、就職を拒否することも
できます。

 遺言執行者をおく必要がある(相続人を廃除したり廃除を取り消したり
する場合や、非嫡出子を認知するような場合)のに、遺言でそうした指定
がない場合や、遺言で指定されたものが遺言執行者に就任しなかった場合
には、利害関係人の請求により、家庭裁判所が遺言執行者の選任をするこ
とができます。

 遺言を執行するためには法律の知識が必要となることが多いため、私た
ち行政書士が遺言執行者となることも多くあります。


(3)遺言執行者の職務

 遺言執行者に指定された者は、遺言執行者への就職を承諾したときは、
直ちにその任務を行う義務を負います。

 こうして就職した遺言執行者は、まず遅滞なく遺産の財産目録を調整し
て、相続人に交付しなければなりません。

 遺言執行者は、相続人全体の代理人とみなされ、相続人にいちいち断らな
くとも、相続財産の管理など、遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義
務を有します。
 そして、遺言執行者がいる場合には、相続人は、相続財産の処分や、遺言
の執行を妨げる行為ができなくなります。

 なお、遺言執行者は一人とは限らず、遺言で複数の遺言執行者を指定する
こともできます。こうして複数人の遺言執行者が就職した場合には、任務の
執行は原則としてその過半数で決定され、遺言者が遺言で別の意志を示した
場合には、その意志に従うことになります。

 この他に、遺言執行者は遺言に従い、認知の届出をしたり、相続人廃除の
申立てをしたりします。


(4)遺言執行者の費用・報酬

 
遺言の執行にかかる費用は遺言執行者が相続財産の中から支出すること
ができます。

 遺言執行者の報酬は、遺言で定めることができ、遺言に定めがない場合に
は、家庭裁判所に申し立てて決めてもらうことができます。相続人が自主的
に払うこともできます。

                                      このページの先頭へ戻る
                              遺言安心マニュアルの目次へ戻る
             


相続 遺言 建設業許可 株式会社設立 NPO法人設立 内容証明  会計記帳
契約書作成  成年後見   クーリングオフ   車庫証明   自動車登録
トップページ  業務内容  行政書士の仕事 事務所概要  リンク集   
サイトマップ
仙台の相続遺言
仙台市・宮城県の遺言をサポート!
  宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
  п@022−251−3106      Fax 022−765−9326
 仙台の相続遺言
遺言の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町