相続税をめぐって

<争いのない円満な相続のために>
仙台の相続遺言
  建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳
 
契約書作成   成年後見   クーリングオフ    車庫証明    自動車登録

 トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集   サイトマップ
仙台の相続遺言
 
 11.相続税をめぐって


(1)中南米では相続税がない?

 日本では、現実に支払う人(納税義務者)が少ないとはいえ、相続税の
制度が法律で定められています。
 ところが、中南米の多くの国では、相続税がない(わずかながら、手数
料を取られる国もあるそうですが)のだということを知りました。そして、
この「相続税がない」ということは、中南米で政治の不安定な国が多いこ
とにどうやら結びついているようです。


(2)相続税がないことによる政治の不安定
 

 どうして相続税がないことと政治が不安定なことが結びつくのかと言う
と、相続税がないと家庭の貧富の格差が固定されやすくなるからです。
 つまり、本人の力によらず、単に親が多く財産を持っていたというだけ
で、その人はその財産をそのまま受け取り、その財産はまったく社会には
還元されないことになります。
 そうすると、金持ちの家系はずっと金持ち、貧しい家系はずっと貧しい
というように、貧富の差が何世代も続いてしまう可能性が高いでしょう。

 そうすると、貧しい者たちが金持ちで構成された政権を転覆するために
革命や、クーデターが頻繁に起きることに結びつくのだということです。
 

(3)相続税の意義
 
 そう考えると、相続税があることは、積極的な意義を有していると言え
そうです。
 そもそも、お金持ちの方が財産を形成されたのも、もちろん個人努力も
あるのでしょうが、多くの人や社会に支えられてのことでしょう。
 そうであれば、その財産はそのまますべて子孫に渡すよりも、一定額を
社会に還元すべきものと思われます。

 また、社会の中で貧富の格差が大きいことは、健全な社会とは言えませ
ん。残念ながら、現在の日本はアメリカのように貧富の格差の大きい社会
へと動いていますが、もう方向転換すべき時でしょう。

 こう考えると、相続税は社会を安定させていく意義を有していると結論
付けていいのではないでしょうか(ただし、現実には相続税の納税義務を
負う方は、8%程度しかいないようですが)。


                        このページの先頭へ戻る
                     
相続安心マニュアルへ戻る


建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳
契約書作成  成年後見   クーリングオフ    車庫証明   自動車登録
トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集   サイトマップ

仙台の相続遺言
   仙台市・宮城県の相続をサポート!
 宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
 п@022−251−3106      Fax 022−765−9326
 仙台の相続遺言
相続の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町