胎児と相続

<争いのない円満な相続のために>
仙台の相続遺言
  建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳
 
契約書作成   成年後見   クーリングオフ    車庫証明    自動車登録

 トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集  
サイトマップ
仙台の相続遺言
   14.胎児と相続

(1)相続における「同時存在の原則」

 相続については、被相続人が死亡した時点において存在しないものは相
続人となりえないという原則が取られています。つまり、相続開始時にす
でに亡くなっている者は、相続人となることができません。

 これを、「同時存在の原則」と言います。
 

(2)「同時存在の原則」の例外たる胎児の相続

 ところが、この「同時存在の原則」の例外として、民法は胎児の相続権
を認めています。すなわち、民法886条1項は、「胎児は、相続について
は、すでに生まれたものとみなす」と規定しているのです。

 確かに胎児はいまだ人としては存在しない以上、厳格に「同時存在の原
則」を適用すると相続権は認められないことになります。

 しかし、間もなく生まれてくる胎児に相続権を認めないのは、被相続人
の死亡よりも一瞬でも先に子どもが生まれている場合に比べてバランスを
欠くものと言えます。また、生まれてくる子どもに相続権を認めて経済的
に保護すべき現実的な必要性も高いでしょう。

 そんなことから、「同時存在の原則」の例外として、胎児にも相続権が
認められているのです。


(3)相続権以外の胎児の権利


 以上に述べてきたように、胎児は相続人となります。
 いまだ出生していない胎児は一般的には権利能力を有していませんが、
民法は例外として、相続権を認めているのです。

 その他に、民法上胎児の権利能力が認められている場面を説明いたします。
 
 一つは、民法965条により、胎児は遺贈を受けることが認められていま
す。これは、相続権を認められているのですから、当然、遺言によって贈与
を受けることも可能としたものと言えるでしょう。

 さらにもう一つ、民法721条は不法行為に対する損害賠償請求権を胎児
に認めています。

 これら、相続権、遺贈を受ける権利、不法行為に対する損害賠償請求権が、
例外的に胎児の権利として認められているのです。


(4)「すでに生まれたものとみなす」の意味

 前述したとおり、民法886条は、「胎児は、相続については、すでに生まれ
たものとみなす」と規定しています。

 この「すでに生まれたものとみなす」の解釈については、諸説がありますが、
「胎児はそのままでは権利能力を持たず、生きて生まれてきた場合にのみ、相
続開始時点にさかのぼって権利能力を取得することになる」というのが判例の
考え方です(いわゆる「停止条件説」)。

 したがって、胎児に相続権が認められているとは言っても、死産となった場
合には、結局相続することはできなくなります。


                                         このページの先頭へ戻る
                      相続安心マニュアルへ戻る


建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳
契約書作成  成年後見   クーリングオフ    車庫証明   自動車登録
トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集   サイトマップ

仙台の相続遺言
仙台市・宮城県の相続をサポート!
 宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
 п@022−251−3106      Fax 022−765−9326
 仙台の相続遺言
相続の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町