遺贈と贈与の優越関係

<争いのない円満な相続のために>
仙台の相続遺言
相続 遺言 株式会社設立 NPO法人設立  内容証明 建設業許可 会計記帳
契約書作成   成年後見    クーリングオフ   車庫証明  自動車登録

トップページ  業務内容    行政書士の仕事 事務所概要 リンク集  サイトマップ
仙台の相続遺言
 
 10.遺贈と贈与の優越関係

(1)不動産の二重贈与? 

 前述した通り、遺言によって相続遺産の全部もしくは一部を、指定した人や
団体などに与えることができます。これを遺贈と言います。そして、当然のこ
とですが、不動産についても、相続人または第三者に遺贈することができます。

 ところが、被相続人(亡くなられた方)が、不動産を遺贈する一方、別の人
(相続人か否かを問いません)に同じ不動産を贈与していたというような事例
があります。

 いわば、一つの不動産について、被相続人は一方ではAさんに生前贈与し、
他方ではBさんに遺言で贈与しているわけですので、二重の贈与と言えます。
 この場合には、AさんとBさんのうち、どちらが不動産を取得することがで
きるのでしょうか?


(2)民法177条

 このような場合に適用されるのが、「不動産物権変動公示の原則」という考
えです。つまり、不動産の所有権等がある人から別の人に移った場合には、そ
の事実を公的にわかるようにしておかなければならないということです。

 この考えに基づき、民法177条(とても重要な条文です)では、不動産に
ついて所有権等の変更があった場合には、これを登記しておかなければ、他の
人にその所有権等の変更が有効であると主張できないと定めています。

 ここで問題となっている遺贈と贈与の優越関係も、この民法177条によっ
て決せられることになります。
 したがって、同じ不動産について被相続人から生前贈与を受けたAさんと、
被相続人から遺贈を受けたBさんの優越関係は、登記の先後によって決せられ
ることになります。

 結局、登記所で先に不動産の名義移転の登記を済ませたものが不動産を取得
することになります。不動産の名義変更の事情が生じたならば、すみやかに登
記手続をされることをお勧めします。


                                        このページの先頭へ戻る
                                遺言安心マニュアルの目次へ戻る
                

相続 遺言 建設業許可 株式会社設立 NPO法人設立 内容証明  会計記帳
契約書作成  成年後見   クーリングオフ  車庫証明   自動車登録
トップページ  業務内容  行政書士の仕事 事務所概要  リンク集   サイトマップ
仙台の相続遺言
仙台市・宮城県の遺言をサポート!
 宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
  п@022−251−3106      Fax 022−273−8603
 仙台の相続遺言
遺言の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町