特別受益について
           <争いのない円満な相続のために>

仙台の相続遺言
  建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳

 
契約書作成   成年後見   クーリングオフ    車庫証明    自動車登録


 トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集  
サイトマップ仙台の相続遺言
    
 4−2.法定相続分の修正(特別受益)

 寄与分の他にも、相続人が被相続人から贈与・遺贈等を受けていたとい
う事情がある場合に、その額を相続分から差し引くという形で、法定相続
分が修正されます。

 これは「特別受益」という制度で、民法903条1項に、「
共同相続人
中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生
計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時におい
て有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三
条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した
残額をもってその者の相続分とする」と規定されています。

 この条文の文言にある通り、特別受益となる贈与は、

@婚姻のための贈与(持参金・結納金など)
A養子縁組のための贈与(持参金など)
B生計の資本としての贈与(家屋等)           です。

 要は、これらの場合には、相続人はあらかじめ実質的な遺産の分配を受けて
いるのだから、その分を相続分から減らすのが公平だということです。

 このように、特別受益となる生前贈与・遺贈があった場合には、特別受益を受
けた者の相続分から贈与・遺贈の額が引かれます。
 ただし、相続分よりも特別受益たる贈与・遺贈額が多い場合でも、相続分がな
くなるだけで、相続分を超えた贈与・遺贈額を返還する必要はありません。

 なお、この特別受益となる贈与にはかなり昔のものも含まれますので、それを
いかに金銭評価するのかという問題が生じます。
 
 この点、民法904条は、「前条に規定する贈与の価額は、受贈者の行為によっ
て、その目的である財産が滅失し、又はその価格の増減があったときであっても、
相続開始の時においてなお原状のままであるものとみなしてこれを定める」として
います。

 これは、たとえば現金の贈与であれば、贈与された金額が現在もあるものとして、
その金額そのままで計算するということです。また、贈与されたものが不動産など
で、仮に贈与を受けた後に売却してしまったとしても、その不動産を現在も有する
ものと考えて、現時点での評価額で計算します。


                                      このページの先頭へ戻る

                    相続安心マニュアルへ戻る


建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳

契約書作成  成年後見   クーリングオフ    車庫証明   自動車登録

トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集   サイトマップ

仙台の相続遺言
仙台市・宮城県の相続をサポート!
  宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
  п@022−251−3106      Fax 022−765−9326
 仙台の相続遺言
相続の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町