仙台の相続遺言
    相続の手続をサポートいたします
     宮城県仙台市 石川行政書士事務所

仙台の相続遺言
 
建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳
 
契約書作成   成年後見   クーリングオフ    車庫証明    自動車登録

 トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集 
サイトマップ仙台の相続遺言
        <争いのない円満な相続のために>
  相続安心マニュアル 
仙台の相続遺言


 2.相続人の範囲

(1)相続人の範囲

 相続人の範囲は限られています。

 まず、亡くなられた方に配偶者がいた場合には、配偶者は常に相続人と
なります。

 次に配偶者以外では、優先順位の高い順に、直系卑属(子や孫)、直系
尊属(親や祖父母)、兄弟姉妹が相続人となります。直系卑属がいた場合
には直系尊属や兄弟姉妹は相続人にはならず、直系卑属か直系尊属がいた
場合には兄弟姉妹は相続人にはなりません。

 また、まだ生まれていない胎児も、一人の相続人となります。

 そして、よく問題になりますが、「息子の嫁」は相続人にはなりません。
 たしかに、日本社会の現実としては、最もお年寄りの介護を世話してい
るのが、「息子の嫁」という立場にある人です。
 しかし、どんなに介護していたとしても、「息子の嫁」は被相続人(亡
くなられた方)の法定相続人にはなれません。

 もし「息子の嫁」にも遺産を与えたいという場合には、あらかじめ養子
縁組をしておくか、または遺言によって財産を贈与する(遺贈と言います)
または生前贈与をしておくしか、ありません。

 もう一つ問題になるケースが、内縁配偶者です。婚姻届を出していない
内縁配偶者は、どんなに長期間生活を共にしていても、相続人となること
はできません。

 内縁配偶者が例外的に被相続人の財産を受けることができるのは、遺産
の遺贈か生前贈与を受けたか、または他には相続人が存在せず、かつ家庭
裁判所によって「特別縁故者」と認められた場合だけです。
 ですので、内縁の妻に確実に財産を遺したい場合には、遺言書を作成し
て遺贈するのがよいでしょう。

 なお、普通養子となった者は、養親と実親の両方から相続できますが、
特別養子となった者については、実親との親族関係が終了していますので、
実親から相続することはできません。


(2)代襲相続

 本来は相続人となるはずの子が、被相続人たる親よりも先に亡くなって
いるようなことがあります。このような場合のためにあるのが、代襲相続
という制度です。

 具体的には、被相続人の子が相続開始前に死亡していたときは、被相続
人の孫が相続人になります。また、被相続人の兄弟姉妹が相続開始前に死
亡していたときは、その兄弟姉妹の子(つまり、被相続人の甥または姪)
が相続人になります。

 なお、被相続人の孫もすでに死亡しているという場合には、さらにその
子へと無制限に相続範囲が広がります(再代襲と呼びます)。他方、兄弟
姉妹については再代襲はありませんので、甥・姪が死亡していても、その
子は相続人にはなりません。

 この代襲相続が生じるのは、@相続人が相続開始前に死亡している場合、
A相続人が廃除された場合、相続人が相続欠格に該当した場合です。
 相続人が相続放棄をした場合には、代襲相続は生じません。


(3)同時死亡の推定について

 相続開始の時(被相続人の死亡時)に相続人は生存していなければなら
ないというのが、「同時存在の原則」です。そうすると、相続開始時に相
続人の生死が不明の場合にどう扱うかが、問題となってきます。

 この点、民法32条の2は
「数人の者が死亡した場合において、そのうち
の一人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは、これら
の者は、同時に死亡したものと推定する」と規定しています。
 これは、たとえば親と子が同じ交通事故で死亡したが、どちらが先に死亡したの
かがわからないような場合があります。そうした場合には、同時に死亡したと推定
されるということです。

 この規定によって、「同時に死亡したと推定される」ということは、その死亡した
数人の間では、相続は発生しなくなります。この規定によって、関係者の間で誰が
相続人となるかがことなってきますので、注意が必要です。


                                      このページの先頭へ戻る

                    相続安心マニュアルへ戻る


建設業許可  会社設立  NPO法人設立   相続・遺言  内容証明  会計記帳
契約書作成  
成年後見   クーリングオフ    車庫証明   自動車登録
トップページ  業務内容  行政書士の仕事  事務所概要  リンク集    サイトマップ
仙台の相続遺言
仙台市・宮城県の相続をサポート!
  宮城県仙台市        石川行政書士事務所
               (宮城県行政書士会 仙台泉支部所属)
 〒981ー8002 宮城県仙台市泉区南光台南1−1−23−202
  п@022−251−3106      Fax 022−273−8603
 仙台の相続遺言
相続の対応エリアは、仙台市内を含む宮城県内全域です(出張費無料で対応いたします)。
<仙台市内>
仙台市青葉区 | 仙台市宮城野区 | 仙台市泉区 | 仙台市若林区 | 仙台市太白区   
<宮城県内全域>
石巻市 | 大崎市 | 登米市 | 栗原市 | 東松島市 | 村田町       
塩竈市 | 名取市 | 角田市 | 白石市 | 多賀城市 | 岩沼市      
富谷町 | 大和町 | 大衡村 | 大郷町 | 大河原町 | 加美町  
松島町 | 利府町 | 色麻町 | 涌谷町 | 七ヶ浜町 | 美里町   
川崎町 | 柴田町 | 蔵王町 | 亘理町 | 気仙沼市 | 山元町   
丸森町 | 女川町 | 本吉町 | 南三陸町